今後も必要なデイサービスの開業をする方法を伝授

クリニック

段取りはプロにお任せ

歯科を新規に開業する場合、内覧会を開催します。これは地域住民に歯科が新しくできたことを示すためです。集客方法などはプロにお任せしたほうが安全です。いかに多くの地域住民が参加してくれるかが大事なポイントになります。

食器

料理をひきたてるコツ

飲食店で使用されている業務用食器には、和食器と洋食器があり、和食器は盛り付ける料理によってある程度決まったルールがあるのでさまざまな食器を準備する必要があります。洋食器は、ある程度揃えておくと、料理に応じて盛り付けを工夫すればいいだけなので、使いやすいものを選びましょう。

通所介護施設の起業

模型

法人取得から営業まで

訪問介護や入所施設とは異なり、日帰りでの利用を前提とする通所介護施設のデイサービスは介護福祉事業の中でも参入しやすい分野と言えます。1日あたりの定員10人以下の小規模施設であれば、必要とされる有資格者の人員や施設の面積などもそれほど必要としません。高齢化社会が進むに従って、今後は通所介護への社会的需要も大きく拡大するものと予測されています。デイサービス施設を開業するためには、まず株式会社やNPO法人・社会福祉法人などの法人格を取得することが必要です。実際にデイサービス事業を展開するに当たっては、立地条件や建物といった物件の選定も重要になってきます。建築基準法や消防法・介護保険法といった法律要件を満たした上で、近くに同業者が存在するかどうかといった点も考慮しなければならないのです。適切な物件を確保して新築または改築工事によってデイサービス施設としての受け入れ態勢を整える中では、当然のことながら必要な人員の募集も欠かせません。以上のような準備作業を経て開業の目処が立ったら、管轄の都道府県に対して介護保険の適用を受けるための申請を行う必要があります。申請後の事前協議や現地調査・研修等を経て介護保険の適用が認められ、デイサービス施設として開業できるようになるのです。特に株式会社としての法人格を取得した場合は介護事業と言えども収益性は度外視できないため、安定した集客のための営業活動も重要となってきます。ケアマネージャーが在籍する居宅介護支援事業所や地域包括支援センターの他、有料老人ホームや地域の民生委員に対する効果的な営業が求められます。このようにデイサービス施設を開業して経営を軌道に乗せていくためには、有資格者の人員確保や物件選定・営業活動などの課題が山積みです。デイサービス開業サポート会社を利用することでそうした負担が大幅に軽減され、有利な集客の知恵も授けてもらえます。

レジスター

業務の効率化

レジには色々な種類があり用途も色々あります。特性や種類をしっかりと把握するのが大事です。もし自分のお店が飲食店でしたら物販向けのレジを導入するといいです。同じように見えてもそれぞれ様々な工夫や配慮がなされていますので、自分のお店のレジを選ぶ際は比較したり検討する必要があります。