今後も必要なデイサービスの開業をする方法を伝授

業務の効率化

レジスター

お店で一番必要な物

レジには色々な種類があります。POSレジと呼ばれるものは、POSシステムが組み込まれたレジの事です。簡単に言いますと商品管理を行える事です。今はコンビニなどほとんどのお店がこのようなPOSレジが主流です。ただ、多様なシステムを搭載したレジの方が汎用性は高いですが、必要な機能もついてきます。経営する上で、汎用性のあるレジにするか安値のPOSレジでいいか検討してみた方がいいです。POSレジのメリットはネットワークに繋がっているので、多数の店舗の管理がしやすくなる事です。お店のデータ管理も出来、どの商品が一番売れているかとか地域別の売り上げ、時間帯による売上などを把握する事ができます。これにより、商品の造成や集客の戦略も効率的に行えるようになります。レジは便利なものですが、お金を取り扱うものですから、簡単に入力するのではなく、一呼吸おいてしっかりといくら自分が預かったのかを認識する余裕があるぐらいが必要です。こうする事で、ミスも大幅に減り間違えを後から追っかける事が出来ます。これは非常に重要なポイントです。スキャナでバーコードを読み取る事が出来ますが、商品によってはバーコードを読めない時があったりします。そういう時は手打ちで入力する事もできます。又、バーコードを付けられない商品には、お店の方でPLUやJANを登録する機能があります。バーコードを読ますという認識が多いのですが、レジスター自体に登録する事によって、効率的に利用する事が出来ます。